「過払い」チェックはしていますか?

リボルビング払いは「毎月一定金額を支払うだけですむ」というのが、お決まりの宣伝文句。
実際には最も金利の高いローン方式といわれ、利用者にとって有利なローンではありせん。

長期化してくると感覚がマヒしてしまい、常にカードローン会社に一定のお金を支払い続けている生活に慣れてしまいます。

カードローン会社に支払ったお金の総額が思わぬ高額になっていても、利息だけを支払っている状態になっても、毎月の金額が一定であることに気を取られて、見過ごしてしまうのです。

たまにはこれまでの通帳を見直し、「カードローン会社に支払ったお金が合計でいくらになるか」を計算してみましょう。

それに、めったにないことですが、カードローン会社も計算ミスや手続きミスで、カード利用者がお金を払いすぎていても、気づかないことがあるのです。

こういうケースを「過払い」といって、どれくらい計算ミスをしているか連絡すれば返金してもらえますが、まずは計算ミスに気づかなければなりません。
返済シミュレーションもありますし、返済額の計算はカードローン会社任せにせず、自分でも計算してみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ