レイクの審査に通るには

まず申し込みの前に、レイクの審査基準を満たしているかを確認しましょう。
最低条件として2つ上げられます。
1つ目は、日本国内に在住をしている満20歳から満70歳までの人です。
2つ目は、安定した収入があることです。この2つが申し込みのときの最低条件となります。
大半の人は年齢、収入ともにクリアーできるはずです。
安定した収入とは、決して正社員ではなくアルバイトが学生でも大丈夫なので安心してください。
では、安定した収入とはどれくらいでしょう。
一般的に月に12日以上働いていることが条件のようです。週3くらい働いていれば、安定した収入を得ていると言えます。
申し込みの前に、この条件をクリアーしているか確認をしてからレイクに相談しましょう。
審査内容の一つとして、他の業者からの借入れ状況なども審査対象となっています。
複数社からのかりいれがあれば、それだけ返済が厳しいということになりますので、審査が通りにくいといったことになります。
その他にも事故情報が重要視されます。
延滞や遅延などが事故情報といい、これが多い人は審査対象から外されるといったことになります。
借りたものを返さない人には誰でも貸したくないので、これは当然と言えます。
審査基準では、少ない融資額や申告した内容を偽らないことも重要視されます。
もし虚偽の内容を報告しても調べればすぐにわかってしまいます。
嘘をつく人にもお金を貸したくないというのは当然ですので、虚偽の内容を申告することは絶対にしてはいけません。
どんな内容でも必ず真実を伝え、誠意ある対応を心がけてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ