学生でも利用できるレイク

学生といえば、学業が中心となるため、金銭的な余裕がない方がほとんどでしょう。しかし学生専用ローンには安全ではない印象があります。しかし、実際には貸し倒れになるリスクが引くローンなのです。
もちろん、業者が学生に返済できない金額の貸付を行わないということが前提です。そのうえで万が一の状況になったときは、親に支払いを請求するだけで解決します。そのため、貸し倒れのリスクが低いのです。
また、一般的なローン度炉うように、学生のアルバイトや仕送りに見合うだけの貸しつけを行うようにすれば、問題はないということになります。そのため、学生を対象としたローンは、融資限度額が一般的なそれよりも低くなっています。具体的には10~50万円程度で、学生でも返済が可能な額になっています。それも貸し倒れにならない理由の一つといえます。
このような理由から、学生向けローンはリスクマネジメントが容易だという面があります。そのため、学生ローンを専門に扱う業者以外にも、学生向けローンを取り扱う業者は増えています。
このような業者は、学生を利用してもうけることは考えていません。どちらかというと、先行投資という意味合いが強く、社会人となってからも自社を利用してもらうためのサービスととらえています。つまり、学生のうちからカードローンに親しんでもらうことを目的にしているのです。
たとえば、レイクのサイトには、学生でも満20歳以上で安定した収入があれば利用可能であると明記されています。また、レイクの利用条件は、満20歳以上から満70歳以下で安定した収入がある方です。つまり、学生以外でもパートや非正規雇用で働いている方でもレイクのカードローンを利用できるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ