レイクの審査を合格する方法

レイクの審査を申し込む前に、自分が審査に通る条件を満たしているかをチェックしましょう。
まず、レイクを利用するための最低条件を確認しましょう。レイクは、日本国内に在住している満二十歳から満七十歳の方で、安定した収入があることが必要です。この条件は必須なので絶対に満たす必要があります。
年齢については、レイクを利用しようとする方の大半がクリアできるでしょう。また、収入面でも、安定した収入が条件なので、正社員である必要ありません。アルバイトやパート、主婦や学生でも大丈夫です。
では、どの程度の収入があればよいのでしょうか。
一般的には最低でも月に12日以上働いている必要があると言われています。正社員でない場合、週に三日以上のアルバイトやパートをしていれば、それが安定した収入と認められるのです。ですから、この条件と同等かそれ以上の仕事をしているかどうかを確認してから、レイクに申し込みましょう。
また、審査では、同業他社からの借り入れ件数も重視されます。たとえば、複数社から借り入れしている場合、借入の必要性や返済能力など、様々な面で疑問が生じるため、審査に通らない可能性が高くなります。
審査では、事故情報の有無も重視されます。滞納や返済遅延などを事故情報といい、事故情報がある方は、融資の対象から外されてしまいます。このような経験がある方は、審査が厳しいと覚悟しておく必要がります。
審査では、少ない融資希望額の場合、申告内容を偽らないことが大切です。虚偽の申告は必ず発覚し、発覚した時点で審査に落ちます。虚偽申告を行う方は信用できないからです。事実をきちんと申告しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ