借り入れの際に評価されること

借入したものを返済するのに低金利にすることができる与信とは
キャッシングを行った際に金利は低い方がいいですよね。
この金利を低くする方法は色々とあります。しかし、その方法は金融機関によるところが大きいです。
今回紹介したいのは、金融機関任せでなく自分自身で金利を低くするための方法です。
①公務員であること
 銀行が融資するのに国家・地方問わず公務員を優遇するようです。
 これは身分もしっかりしており、収入も一定額もらえているからです。
 反対に水商売関係は金利が高くなる経口にあります。理由は収入がいつまでも一定額もらえる保障がないからといえます。
②既婚者よりは独身
 一昔前であれば、家庭のある人、且つ持ち家を所有している人というのは信用があり評価が高かったです。
 現在は返済能力の面で評価するため、返済に収入のいくら充てられるかなどで評価されているのかもしれません。
 家族で介護を必要な人がいる場合は働き方に制限が生じる恐れがあるため返済能力は低く評価されるようです。
③他社からの借り入れが少ない人
 当然、支払い能力に影響がでるため借り入れ額は少ないほうがいいですね。
 いかがでしたか。キャッシング利用時は自分自身の返済能力を評価してみるといいかもしれません。
 勿論借入れをしないことが一番であることは言うまでもありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ