申し込み後の在籍確認について

利用者がキャッシングローンの申し込みをした後に審査が始まります。
その際に、必ずと言っていいほど行なわれるのが在籍確認です。
在籍確認は、申し込みをした利用者の会社に連絡をして、本当に働いているかの確認をすることです。
この在籍確認は、審査の最後に確認の為に行なわれることが多いです。
会社に連絡がいくと、カードローンの申し込みをしている事がバレてしまうのではないかと心配する人がいるかもしれませんが、大丈夫です。契約の内容を第三者、つまり会社の人にもバラしてはいけないという法律があるので、電話をかける際には細心の注意を払って電話をします。
電話をかける際は、個人名を名乗って在籍確認をするので消費者金融会社とはわかりません。
中にはある事情で会社にはかけないでもらいたい人もいると思います。
そんな人は事前に担当者に伝えておきましょう。
電話連絡をしなくても、収入証明書や会社の健康保険証を持っている人はそれで働いているとして、在籍確認としてもらえるケースもあります。
しかし、一番はやはり電話連絡が優先となり、それができないとなると限度額の減額などが行なわれる場合があります。
どうしても限度額を上げたい人は、しっかりと返済をしていれば約半年後に限度額を上げてもらえるかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ