カードローン、よくあるカン違い

初めてカードローンを申し込むときは焦っているせいか、いろいろなカン違いをしたまま登録している人が多いようです。

まず、カードローンの審査に通ったからといって、カードローンを利用する義務が発生するわけではありません。
「お金を借りてもよい」状態になっただけで、「お金を借りなければならない」状態になったわけではないのです。

カードローン会社の方では、登録しただけでお金を借りない人がいても気にしません。
会社からお金を借りるのは、必要なときだけ、必要な金額だけでよいのです。

カードローンの審査に通ってから予定が変わり、お金を借りる必要がなくなったのに、なんだかお金を借りないとカードローン会社に悪い気がして、お金を借りた。
即日融資の審査に通ったので、すぐにたくさんのお金を借りないといけない気がして、必要ないお金まで借りた。
たまに、そういう人がいるそうです。

カードローン利用の目的はお金を借りることではなく「お金を返すこと」です。
カードローンの会社も、利用者にお金を貸したいのではなく「利用者に貸したお金を利息とともに返してもらうことで利益を得たい」のです。
いくら必要なのかきちんと計算し、どう借りるかではなく「どう返済するか」を優先して考えましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ