カードローンの返済日は「変更可」

毎日気をつけていても、いろいろな都合で返済日までにお金が準備できないことがありますし、あらかじめ入金していても、他の引き落とし日と重なっているのを知らずに、返済日の入金に失敗することがあります。

カードローンの返済が遅れそうになったら、落ち着いて、早めに電話連絡することを考えましょう。

入金が遅れるなんて申し訳なくて言い出せないと考える人がいますが、お金を貸した側にとっては、連絡なしに返済日の入金が遅れる方がずっと迷惑です。

カードローン会社によっては利息だけ入金したり、返済日の変更もできます。
「遅れるとわかったら、すぐに電話する」を原則にしてください。

あらかじめ入金していたが、曜日の関係で他の引き落とし日と重なってしまい、返済日に入金していない状態になってしまった。
この場合、入金できなかったことを連絡するハガキが届きますが、そのハガキが着く前に電話連絡するのがコツです。

自動引き落としの場合でも、実際に引き落としされたかどうか、自分で確認しましょう。
入金できていないことがわかったらすぐに電話し、あらためて入金するにはどうするかを教えてもらいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ