専業主婦の方でもレディースレイクを利用出来るのか?

レディースレイクにはキャッシングを行える条件として、20歳以上69歳以下であり、尚且つ就業形態に関係なく、定期的に収入を得られている方というものが書かれています。

定期的な収入がいくらぐらいを指すのかが理解し難いわけですが、これを文字通りに受け取った場合、専業主婦の方はレディースレイクを利用することが出来ないと見ることが可能です。

そして、注意書きの部分にも目を通すと、主婦の方であっても、何らかの仕事で給料を貰っている方や、学生であってもアルバイト等で給料を得られていれば利用が出来るとも書かれています。

となると、やはり専業主婦の方は例外なく審査さえも受けられないのか?と思われるかもしれません。

この際ポイントとなるのは、レイクは銀行のカードローンであり、消費者金融のカードローンではないといった点です。

他の銀行では専業主婦でも、夫の収入を用いてキャッシングが可能となっている場所も存在します。

このようになる理由は、銀行では総量規制が適用されないことから、審査の際の収入の判断が各々の銀行で異なるためです。

専業主婦の方が審査を受けるとなった場合、2、3年の間収入を得られてないとなると流石に厳しくなってきますが、それ以外の場合はとりあえず相談してみる価値はあると言えます。

オペレーターが女性であるということ以外は条件等を含め、通常のレイクと変わりありません。

レディースレイクにそれほどメリットを感じない方もいらっしゃるかもしれませんが、このカードローンは、他と比較しても全く違うといっていいぐらい良い対応をしてくれるとされています。

そして、実際に評判を見ても、こちらの気持ちを理解しつつ相談が行われるので、不安に思うことなくキャッシングが行なえたといったように高くなっているのです。

これは是非とも覚えておきたいポイントと言えるでしょう。

銀行系のカードローンでは非常にまれな金利分が0円という事実

金利分が0円というのは、読んで字のごとく、金利分がかからないことを表しています。

金利がかからない期間中の場合は返済の際にも金利分を取られることはなく、キャッシングをした分だけを返済するだけでよいといった、大変良い利点があるのです。

こういったサービスは大手の消費者金融においては珍しくはありませんが、銀行の場合はほとんど見られません。

レディースレイクでも取り扱われている30日の間、金利が0円というのは、初めて契約を結んだ次の日から30日の間は何度利用しても金利がかからないというサービスであり、180日の間、金利が0円というのは、上限金額が1万円以上200万円以下となっている方を対象に、5万円迄であれば180日の間、金利がかからずに利用が出来るといったものです。

5万円を超過した場合には、通常分の金利が課せられることになります。

しかし、これら両方を利用することは出来ませんので、自分にとってどちらを選択するとよりメリットが得られるかをきちんと想定した上で選択することが重要であり、それによって、非常に良いキャッシングとすることが可能となるのです。

キャッシングを行える条件や金利について

レディースレイクでは1万円~500万円の範囲内で上限金額が設定されます。

上限金額の500万円に関しては、銀行では低い方に含まれますが、大抵は500万円より低い金額が設定されるため、他との銀行とさほど違った点はありません。

ちなみに、その他の銀行の上限金額は、三井住友銀行やオリックス銀行では800万円で、住信SBIネット銀行やみずほ銀行では1000万円、三菱東京UFJ銀行、楽天銀行、じぶん銀行の3つの銀行では500万円と若干低めに設定されています。

レディースレイクの金利ついても見ていくと、4.5%から18.0%と記されていますが、このように幅を持たせているのは、ウェブサイト上でも書かれている通り、契約金額やキャッシングの残高によって金利が変わってくるからです。

他の銀行の金利についても見ていくと、三井住友銀行では4.0%から14.5%、みずほ銀行では4.0%から14.0%、新生銀行と同等の上限金額である三菱東京UFJ銀行は4.6%から14.6%となっています。

金利だけを比べると18.0%というのは高い部類に含まれるものの、その代わり、サービスの質や、審査の難易度の面で優遇されていると考えることができるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ